北京あんてぃーく倶楽部

アクセスカウンタ

zoom RSS 第39回北京あんてぃーく倶楽部活動報告(国家博物館及び新年会)

<<   作成日時 : 2017/01/20 12:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

1月度の北京あんてぃーく倶楽部活動報告になります。

■日程
1月15日(日)

■スケジュール
0850 天安門東駅D出口集合
0900 中国国家博物館
1230 東交民巷飯店(新年会)
1500 東岳廟

今回は新年1回目ということで、中国文物を知るための基本のきの字、本物を見る目を養うという目的で中国国家博物館を参観しました。思えば、昨年はオフ会では来ましたが、PACでは来てなかったんですよね。何度来ても新しい発見がある素晴らしい博物館ですから、年2回は訪れたいところです。
画像

画像

この博物館の最大のネックは9時の開館時に行くと必ず30分くらい外で並ばされるところです。無料ということもあるのでしょうが、もう少しなんとかならんもんかと毎回思います。今回は、総勢28名の参加。人数が多いため、一旦博物館入口入って右側にある竹林の七賢ブロンズ像の前で集合。
画像

ベテラン組は勝手にお好きなところを見てもらい、私のうざい解説を聞きながら回りたい人はご一緒にという方針だったのですが、20名近くが同行することになりちょっと驚き。毎年のことですが、重要文化財を中心に解説するも、とにかく展示会場がでかいので、どうしても丁寧に解説できるところとさーっと流してしまう場所が出てしまいます。
画像

画像

唐代前に1時間半くらい使ってしまったので、その後は30分ほどでの説明となってしまいました。まあ、唐代以降の説明は首都博物館でやったほうがふさわしいということで。
画像

画像

それにしても地方で発掘された文物はその地の博物館では展示されず、こちらの国家博物館展示になってしまうので、地方の博物館はレプリカ展示になってるんですよね。地方の観光政策的には大変マイナスだと思うのですが。
画像

集合時間通りに集まり国家博物館を後にします。皆で歩いて東交民巷をプラプラ。正義路を北側から入ったため、淳親王府、日本使館旧址、横浜正金銀行をみて東交民巷飯店に到着。新年会参加者は33名。嬉しい限りですね。
画像

歴史ある東交民巷飯店で東交民巷と五四運動の歴史を説明しつつ、今年のPACの活動方針など発表させていただきました。
画像

画像

食後は、東交民巷を地下鉄崇文門に向けてプラプラ。日曜日ということもあり、サン・ミッシェル教会はミサを行なっていたのでしょう。珍しく開いてました。
画像

画像

画像

その後、有志9名で東岳廟に初詣。何度もきていますが、相変わらず見所の多い良い道観です。そろそろ民族博物館の展示内容を変更してほしいですが。
画像

画像

画像

今年も愉快仲間たちと数多く北京の魅力的な文物や旧跡を見て回れますように。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第39回北京あんてぃーく倶楽部活動報告(国家博物館及び新年会) 北京あんてぃーく倶楽部/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる