北京あんてぃーく倶楽部

アクセスカウンタ

zoom RSS 第34回北京あんてぃーく倶楽部活動報告(万佛堂孔水洞石刻及塔見学)

<<   作成日時 : 2016/08/31 08:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

8月度の北京あんてぃーく倶楽部活動報告になります。
今月は、北京に残る遼代創建の美しい花塔を見るため、房山区にある万佛堂孔水洞に行ってきました。相変わらずのハプニングもありましたが、晴天にも恵まれ、全体的には全ての箇所を見学することができ大満足な1日となりました。

■日程
8月28日(日)

■スケジュール
0730 建外SOHO A座集合
0900 鉄瓦寺
0945 万佛堂孔水洞石刻及塔見学
1045 霊鷲禅寺
1230 昼食 麒麟雅苑
1400 楽家花園

快晴、としか言いようのない、絶好の古塔見学日和になった日曜日の朝、予定通りの時間に到着して出発。初めて来た運転手で、ルートについては任せていましたが、バスがスピードが出ずなんとなく不安な気分に。1時間も走って、房山と門頭溝の境界線あたりの山道を走ったところで、20台くらいの車が立ち往生していました。
画像

画像

どうも崖崩れがあったようで、その撤去作業を行っていました。待つこと10分くらいで通り抜けれたのでラッキーでした。

そこを抜けると美しい川沿いを走ってすぐに鉄瓦寺に到着。
画像

といっても、そこは河北鎮人民政府。幸いにプレートは入り口前にありましたが、鉄瓦寺自体はもちろん中に入らないと見れません。保安の兄ちゃんに交渉すること3分。その上司が出てきて「幹部がきてるから静かに見てください」となんとOKがでました。
画像

画像

速やかに見なければと、そそくさと両脇竹林の道を抜けたところに鉄瓦寺の独特の形をした建築物が出現。見れなくて当たり前と思っていたので感動です。
画像

画像

元々明代創建のちゃんとしたお寺があったのですが、今はその一部が残るのみです。
画像

画像

帰りに「こっちも見るかい」と素晴らしい銀杏の木も見せていただきました。ええ人や。

ついで本日のメイン、万佛堂孔水洞石刻及塔へ。百度マップの示す位置が間違っているようで、経験者がいて助かりました。その場所は、山肌の一角に古びたお堂(万佛堂)が残り、その両サイドに2つの古塔が残存するだけの思っていたより全然シンプルな場所でした。しかもどこかの会社の敷地内のようです。
画像

画像

万佛堂の中には壁画が残るようですが、中に入れないため高性能カメラで撮影しても今ひとつわかりませんでした。元々孔水洞という湧き水が出る鍾乳洞があったようで、その名残のような水たまりでスイカが冷やされてました。おそらく日中戦争時の防空壕のような洞窟があり、その中が鍾乳洞になっているのではと推察します。
画像

画像

万佛堂を正面に見て、左側に元代創建の密檐式塔があり、右側のやや高台に遼代創建の花塔があります。
画像

画像

画像

画像

日差しがまぶしいくらいの青空に映える古塔の美しさに思わず見とれてしまいます。花塔の方はかなり修復されてました。どうやらどちらかに傾いていて「北京版ピサの斜塔」と呼ばれているのですが、いまひとつどちらに傾いているか判別できませんした。
画像

画像

同じ敷地内に昔万佛堂関帝廟があったようで巨木が横たわる隣に今はオフィスにでも使われている古びた建物が残っていました。
画像

画像

元々の予定はこれで終了でしたが、かなりスムーズに来たので予備で行く予定にしていた霊鷲禅寺へ。10km程度の場所ですが、5km山道、5km山登りルートです。しかも山登りルートに入るところに意味不明なゲートがあり、大きめのバスだと通れません。一応警備の人がいたので事情を説明して大きな門を開けてもらいます。
画像

画像

緑の豊かな山道を抜けると目の前に一面の山々が連なり、各山頂付近に3つの異なるタイプの古塔が現れます。さすがにそこまでは登りません。
画像

画像

お寺の方は、最近改修工事が終了したようで、随分と綺麗になっています。ネットで事前に調べていたのですが、その写真は廃墟のようでした(笑)。おまけに街灯は西洋風ランプを設置するようです(汗)。
画像

画像

本堂の中にある多数の石仏は必見です。
画像

画像

そのお堂の裏には遼代、元代の石碑が置かれてあります。随分と保存状態が良いので驚きです。
画像

本日は市内に戻って海淀区で食事。元々白家大院で食事予定でしたが、予算が高すぎるのでお隣のレストランで食事して、その後、白家大院を見学に。
画像

画像

ここは、元々楽家花園という市保に指定されている清代の王族の家だった場所です。
画像

画像

庭園は軽く眺めて、プレートも無事に撮影して解散。本日も大変濃い活動でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第34回北京あんてぃーく倶楽部活動報告(万佛堂孔水洞石刻及塔見学) 北京あんてぃーく倶楽部/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる